Survey Reports

日記を付けている割合は、20代女性で18%、30代女性で26%。男性では20代で12%。

日記の日にちなんだ「日々の記録に関するアンケート調査」

調査

日記

ポジメモ

2018.06.12

iPhone アプリ『ポジメモ』の運営会社では、6月12日の『日記の日』にちなんで、『日々の出来事・思い出などの記録に関するアンケート調査』を実施いたしました。

調査結果サマリー

  • 日々の記録を付けている割合は、全体では、30代女性が最も高く39%。男性では、20代が27%と最も高い。
  • 日記を付けている割合は、60代女性が最も高く28%。続いて、30代女性の26%、20代女性の18%。
  • 紙の日記帳・手帳を使っている割合が、どの年代でも50%を超え、若い年代ほどその割合が高い。
  • 「時間」と「場所」どちらがより記憶を思い出すのに役に立つか?という質問では、男女とも「場所」と回答した割合がほぼ50%かそれ以上。

調査結果詳細

20代から60代の男女(各年代性別ごと100人の)計1,000人を対象に、「日々の出来事や思い出、気持ちなどを記録に付けているか?」を質問したところ、「記録に付けている」と回答した割合は、30代女性が最も高く39%。その次に、20代女性と60代女性の31%という結果になった。男性では、20代が最も高く27%となる一方、その他の年代では、15%?20%の範囲に収まる結果となった。

日々の記録を付けている割合

今回の調査結果からは、女性の方が年代による「記録に付けている⇔付けていない」の傾向の変化が大きいことが見受けられる。

続いて、「日々の出来事や思い出などをどのような手段で記録に付けているか?」を聞いたところ、「(個人的な)日記を付けている」と回答した割合がどの年代性別でも高く、特に、60代女性(28%)、30代女性(26%)が顕著に高い結果となった。一方、「ブログに書いている」「SNSに書いている」と回答した割合の合計は、30代女性(25%)、20代男性(21%)、20代女性(18%)で高く、特に、20代男性では、それぞれの手段がほぼ10%程度で拮抗している結果となった。

日々の記録を付ける手段

「日記を付けている⇔付けていない」に関しても、女性の方が割合の変化が大きく、女性は、その時々のライフステージ、ライフスタイルの変化に、記録や日記を付ける習慣自体が影響されている一方で、男性は、若い世代からの習慣が年代を重ねても一定して継続される傾向があるのではないか。ということが推測される。

さらに、日記を付けていると回答した人に対して、「何に日記を付けているか?」を尋ねたところ、いずれの年代でも「(紙の)日記帳、手帳」と回答した割合が50%を超え、20代では70%となるなど、若い世代ほど紙の日記帳・手帳を愛用している様子が見受けられる。一方、「(スマホの)日記帳、手帳アプリ」と回答した割合は、40代で19%、20代で16.7%にとどまり、日記に関しては、スマホに付けるスタイルがまだまだ定着していない様子が見受けられる結果となった。

日記を何に?

「(スマホの)日記帳、手帳アプリ」に付ける割合を少し細かく見ると、20代では、性別によってその割合があまり変わらないのに対し、40代では男性が多くなっている。この世代では、仕事のスケジュール管理などと併せて、日記にもスマホを使用している姿が想像される。

最後に、『ポジメモ』の機能・コンセプトにちなんで、「思い出せない出来事や記憶があった場合、「時間」と「場所」どちらがよりその出来事や記憶を鮮明に思い出すのに役立つか?」を聞いたところ、女性で58.8%、男性で49.8%が「場所が思い出せた場合」と回答しており、「出来事や思い出の記憶」と「場所」が密接に結びついている様子がアンケート結果からも読み取れるものとなった。

「時間」と「場所」どちらが記憶を思い出す?

今回の公開内容は、アンケート調査結果の一部になりますので、また機会があれば、その他の項目の結果を公開いたします。

調査概要

日々の出来事・思い出などの記録に関するアンケート調査

調査方法 インターネット調査
調査期間 2018年5月31日 - 2018年6月9日
調査対象者 20代 - 60代男女((株)クロス・マーケティング「QIQUMO提携パネル」利用)
有効回答数 1,000サンプル
設問数 8問

iPhoneアプリ『ポジメモ』

ポジメモは、“地図&場所”で思い出す新しいスタイルのメモ&日記アプリです。

iPhone(iPad)版のみ/基本無料

詳しくはこちら